小中一貫の教育スタイルが有する長所

子供が生まれても、すぐに学校に入れるわけではありません。

交通ルールの教育に関して

小中一貫の教育スタイルが有する長所 子供が生まれても、すぐに学校に入れるわけではありません。数年間は親がしっかりと教育をしなくてはいけません。教育すべきことは山ほどありますが、やはり交通ルールを教えるのはとても重要です。命がかかっているので、最も力を入れて教育しなければいけないと言えるでしょう。交通の危険から我が子を守るためには、3歳まではとにかく親が手を離さないと言うことが大事です。危険を伝えたところで、まだまだ子供は理解できません。

しかし、3歳を過ぎたら、徐々に危ないと言うことを子供に伝えるようにしましょう。3歳でもまだ危険かどうかを自分で判断することは難しいです。ですが、親がこの道は危険などと教えれば、そのことは理解してくれます。そして、散歩や買い物に一緒に行くときは、交通ルールも少しずつ教えていくことです。口頭でだけでなく、一緒に体験しながら教えるといいでしょう。横断歩道を渡るときは、親も左右を見て渡ると言う風にしたいです。

関連記事・情報